相手を待たせることになってしまう

受電報告をメールで受け取る場合、レスポンスが遅くなってしまう恐れがあります。受電をそのまま電話の形式で引き継いでもらえば、そのまま通話をすることができます。しかし、メールだと必ず折り返しの形となるため、相手を待たせてしまいます。受電の内容が急用だった場合、すぐに応対できないことで相手のフラストレーションを溜めてしまうかもしれません。特に相手が、受電報告がメールで行われるということを知らなければ、いつ折り返しの電話が来るのかがわかりません。メールで受電報告を受け、タイミング次第ではすぐに折り返せるということを相手に知らせれば、その問題を解消できるでしょう。けれど、電話をかけて来た相手に、毎回そのことを伝えるのは手間です。

メールを見逃してしまうかもしれない

受電報告をメールで受ける場合、メールを確認できなければ、当然受電があったことがわかりません。そのため、場合によってはメール受信を見逃し、折り返しの電話ができなくなる恐れがあります。スマートフォンにメールが来たことを通知させるなどの対策は可能ですが、全ての人が通知設定をできるとは限りません。特に機械に不慣れで、ガラパゴスケータイを使いこなすのが精一杯の人は、設定ができずにメールを見逃すリスクが高いです。そのような人でも、メールボックスをこまめに開いて受電があるかどうかを確認すれば、見逃すリスクを下げられますが、その確認作業は単純に手間です。したがって、メールを見逃してしまいそうな人が多ければ、メールではなく電話引き継ぎの形式を採用した方が無難でしょう。