柔軟に料金プランが変えられる所を選ぼう!

電話代行サービスの料金体系は基本的に、契約料や設定料などの初期費用や月額料金、オプション料金などで構成されています。また、月額料金が低く抑えられている場合は、電話件数が超過した際の追加料金が高めに設定されている傾向にあり、結果的にトータルの費用が割高になっている電話代行サービスも少なくありません。そのため、料金で電話代行サービスを比較する場合は、自社における受電件数などの実績を考慮しながら最適な料金プランを検討するのが良いでしょう。

電話代行サービスを初めて導入するのであれば、複数の料金プランが用意されている電話代行サービスを選び、使用状況によって柔軟に料金プランが変更できる所がおすすめです。電話代行サービスの中には最低契約期間を設定している所もあり、一度契約を結ぶと容易に乗り換えができないケースもあるので、料金内容は細かくチェックしておきましょう。

月額料金だけに注目せず、トータルの料金を確認しておく事が重要

電話代行サービスの月額料金の相場は1万円前後と言われています。この料金相場以上になると、会社名での対応やクレーム対応など様々なサービスを提供する料金プランが用意されているケースが多くなります。このような料金プランでは、電話1件あたりの料金は低い価格に設定されている傾向にあります。そのため、電話代行サービスの料金を比較する際は、料金に見合ったサービス内容であるか確認する事も大切です。また電話代行サービスの料金を比較する場合の注意点としては、月額料金だけに注目するのではなく、内訳部分もきちんと理解しておく事です。内容によってはオプション料金や入会金などが発生する場合もあります。トータル的に料金をチェックした上で最適と思われる料金プランを選ぶよう心掛けましょう。