個人を対象にしたプランもある

電話代行サービスといえば法人が利用するものと思うかもしれませんが、個人向けプランを用意した電話代行会社もあります。メールやFAXは簡単にコミュニケーションを取れる反面、気持ちを伝えにくい側面があります。電話だと話し方、声のトーンなどが相手に伝わるので、例えば商品説明やお問い合わせへの対応などは、電話対応をできるようにしたほうがいいわけです。ただし少人数で運営するSOHOなど、個人事業主だと電話対応に人員をあてるのが難しいところもあるでしょう。1日に数件のお問い合わせに対応するために電話対応の専門スタッフを雇用できない、自分で対応するにも電話対応は苦手、などなど。そういった場合に役立つサービスが電話代行サービスです。

個人向けのプランを選ぶときのポイント

事業規模がそれほど大きくない、スタートアップにあまりお金をかけられない、といった状況では格安プランから試してみるのもいいでしょう。プランによって月額料金と月間コール数が異なります。格安プランは月額料金が安いですが、コール1回あたりの料金は高くなっています。そのため事業規模の拡大に伴って、プランのランクを上げていく流れが一般的です。

個人向けプランは各社により異なり、お試し期間、オプションなどを用意しているところもあります。オプションに関しては無料サービスではなく料金の一部であるため、オプションが豊富なサービスは月額料金が高めです。資料請求の対応、質問への回答、お客様への連絡などに対応しているサービスは、個人向けプランのなかでも法人サービスに近い内容になっています。