どのような通知方法を用意しているのか

電話には様々なビジネスチャンスがありますが、外回りが多い、スタッフの人数が不足しているなどの理由で電話を逃してしまうことは珍しくありません。そのために新規顧客を逃してしまう可能性もありますし、電話がなかなかつながらないことは、相手側にストレスを与えることにもなります。電話対応を改善するなら、電話代行サービスの利用も検討してみましょう。電話代行サービスなら、電話に出られないときも、オペレーターが素早く対応してくれます。しかも、電話代行業者はマナーもしっかりとしているので、相手側にも良い印象を与えられることも期待できます。電話の内容はメールで伝えてくれますが、最近はメールのかわりにビジネスチャットを社内の連絡用に使うことが増えてきました。電話代行サービスの通知もチャットで知りたいという場合は、ビジネスチャットへの通知が可能な業者かどうかも確かめておきましょう。

メンション機能が使えるか

ビジネスチャットツールの中でも、特にslackは使いやすく便利な存在です。こうしたツールに電話の内容が送信されれば、複数の人で確認することもできます。情報共有がリアルタイムでできるのもメールとは違う便利なところです。多くの通知がくると、つい見落としをすることもありますが、メンション機能を活用すれば、多くのメッセージがあった場合でも確認漏れを防ぐことができます。電話代行サービスを利用するときは、メンション機能を使った報告が可能かどうかも調べておきたいところです。会社のメールアドレスでは、出先や自宅からメールを確認できない場合もありますがslackならネットが通じている環境なら、自身のパソコンやタブレットで確認可能です。